INFORMATION
  • COUNTER
  •  本 日 : 0000088
  •  昨 日 : 0000047
  •  合 計 : 0068652
SITE SEARCH
CATEGORIES
ENTRIES
MEGU'S LINKS
CURRENT MODE
CURRENT MODE: guest
USER ID:
PASSWORD:
普段とってもとっても健康な愛娘が、一週間ほど熱を出しました。
最初は微熱程度だったので取りあえず学校を休ませ様子を見ることにしました。
病院の待合室にて・・・

Furthermore... 続きを表示…≫
家の子はあまり病気をすることもなく、健康診断以外病院にもほとんど掛かったことのない健康優良児。たまに熱は出しますが、いつもすぐ治ります。
そんな彼女ですから多少熱が出ても何のその、”学校に行く~”と言って洋服に着替えバックパックを抱え準備万端。が、しかし、最近寒くなってきているし、新型インフルエンザの事もあるので、学校を休ませることにしました。学校に電話をしてみると、熱を出してから24時間は登校したら駄目と言われました。と言うことは必然的に2日は学校に行けなくなリます。

すぐに熱も下がるだろうと思っていましたが、時間が経つにつれて上がるばかり。最初は、37℃後半を行ったりきたりしていたのに、3日目の夜には39℃以上にまで上がりました。さすがに私たちも怖くなり、解熱剤を飲ませ、アイスノンを頭を巻き、ほぼ徹夜で様子を見ました。でも相変わらず愛娘はケロッとしていましたが、この熱の上がり方は絶対インフルエンザに違いないと思い、次の日病院に連れて行きました。2週間前に、新型インフルエンザの予防接種はしたのですが、季節風インフルエンザ予防接種はまだ受けていませんでした。どきどきしながら病院に行き、診察してもらいましたがどこも悪くないとのこと、”ただの風邪ですね、ゆっくり休めばそのうちよくなるでしょう”と言われ、お薬も処方されませんでした。”えっ!それはないでしょ”と思いましたが、それからしばらくして、熱も下がりはじめました。
”なんて人騒がせな~”、でも何事もなくて本当によかったです。

予防接種会場前にて・・・

最近世間では、新型インフルエンザ予防接種を受ける受けないの両方の意見が飛び回っていますが、家の子は2週間前に予防接種を受けました。ある日突然電話がかかってきて、日程と場所を教えられ、受けたければ予約をしなさいということでした。市が斡旋して、”注射式( injectable flu )ワクチン”と”ミスト式(flu Mist) ワクチン”と二種類の注射を受けることができます。注射式は二の腕への注射により、不活化ワクチンといって、死んだウィルスを血液に注射します。

ミスト式は、鼻から霧状の液体を噴霧することにより生きたワクチンを接種します。鼻の中の粘膜にワクチンを直接入れて予防するみたいです。効果に大きな違いはないと言われていますが、ミスト式ワクチンは 2 歳以上49 歳以下の健康な人にしか接種できないため、妊婦や慢性的基礎疾患(喘息、心臓病など)を持っている人にはできないそうです。家の子は、健康優良児ですから、ミスト式をしてもらいました。予防接種後は、すぐには帰らせず、後遺症が出ないか、最低15分~20分程度様子を見てくれました。1ヶ月後にもう一度受けなければならないそうです。

幼稚園へ行こう!

丸一週間は休みましたが、月曜日から元気に登校し始めました。これからもっと寒くなり、風邪も引きやすくなるし、学校で移されたりすることが多くなってくるので、手洗い、うがいをしっかりして、自分たちで予防していかなければいけません。

≪…「続きを非表示にする」にはココをCLICK。
+ c o m m e n t +


       
 



SITE NAVIGATOR: <PREVIOUS< || + TOP PAGE + || = PAGE TOP = || >>NEXT>>